天草特産(?)ピーカンナッツ


毎日とても寒いですが東京の冬の青空はすがすがしく、今日一日のモチベーションをあげてくれます。 長年新潟で冬の鉛色の空を見てきた私にとって、東京の冬はとても気持ちがいいのです。 まだまだ寒い日は続きますが、皆さま風邪など引かぬようお過ごしください。

さて、お正月に家内の実家の天草へ帰り、そこで拾ってきたピーカンナッツの話をしたいと思います。

ピーカンナッツ

ピーカンナッツ

以前から人間の目(というよりも脳)は面白いなぁと思っていました。小中学校のころ、春になると父が裏山へ山菜取りに行こうと誘うのですが、ウド、ワラビ、ゼンマイ、たらの目などに全く興味を持てなかった私は、一旦は断るもののそのしつこさにイヤイヤながら入山するのでした。

まだ残雪が残る山の急斜面を四つんばいになってよじ登ると、父が「ほら、ウドがいっぺー生えてる」と言います。ウドになど何の興味も無い私には全く見えませんでしたが、実際にモノを見て説明されると次第にいたるところに生えているのが見えてくるようになって、収穫がどんどん楽しくなってきます。

自分の興味によってそれまで見えなかったものが見えてくる、そんな経験ありませんか?

これらは脳の記憶が大きく作用しているのだと思いますが、今回天草ではちょっと違う感覚を体験しました。天草の実家はお寺で、その裏庭には橙(だいだい)、晩白柚(ばんぺいゆ)などの柑橘系の木や、梅、柿、栗などの果実系の木などが植わっているのは知っていましたが、今回の帰省で初めて知ったのがピーカンナッツの木でした。

住職(義父)がふと思いついたように、「あそこにペカンの実が落ちとるけんひろってけ」と言うのです。”ペカン”と言うものですから「ぺ柑」という何か”新しいみかん”なのかと脳が勝手にオレンジ色の果実を思い浮かべ、でもそれが落ちていたら腐ってるんじゃないの?などと推測をし、そんなものを拾って何になるんだと、ネガティブな気持ちのまま父が指差す先にある木の下を見回しました。しかし落ち葉が散らかっているだけで、おいしそうなものは何も目に入ってきませんでした。

木の下でボーっとしている私を見かねたのでしょう、父も木の下にやってきて、「ほれ、これがペカンさ」と。拾い上げたのは茶色い長さ4-5センチほどの木の実でした。硬い殻の実を2つ手に取り、手の中で握りつぶすと殻の中から茶色い薄皮で覆われた白い胚乳が出てきました。それを少し割って食べてみると、胡桃のような
味でコクがあり、ナッツ好きの私はすぐに「炒ったらうまいんだろうなぁ」と想像しながらすぐに虜になってしまいました。

これを境に、私の目は20m先のペカンまでが見えるようになり、傍らでペカンをついばむ小鳥たちを追い払いながら、黙々とペカンを拾いました。これは脳がペカンの形状を認識したこともあると思いますが、そのおいしさがそれを探すモチベーションを引き出し、目に指令を送っているのではないかと思った瞬間でした。

ペカンの実をネットで調べてみると、アメリカ中西部やメキシコが原産だそうで、英語では「Pecan」と綴るようですね。日本では「ピーカンナッツ」の名称が一般的なようです。

—-
5kgほど収穫したペカンはほかの荷物と一緒に宅急便で東京の自宅へ送りました。自宅に着いたペカンは、これまたナッツ好きのマンションのお隣さんへ半分ほどプレゼントしました。その数日後、お隣さんから、グラニュー糖をまとってこんがりとローストされたペカンが戻ってきました。その名も「ペカンキャラメリゼ」。 香ばしい香りとキャラメルの甘さで、一晩で無くなってしまいました。


3 Thoughts on “天草特産(?)ピーカンナッツ

  1. ひで on 26 4月, 2015 at 11:28 said:

    こんにちは!
    ペカンの苗を頂いたので情報求めていて、こちらへ辿り着きました。
    実のおいしさに圧倒され、同時に苗を頂き、植える場所を考えているところです。
    種の異なる木を二本植えた方が実をつけやすいと聞きました。
    記事を読ませて頂きましたら、沢山の実をつけているようですが、奥様のご実家の木は一本でしょうか?
    10年以上経たないと実がならないと聞いていますが、樹齢もわかる範囲でお教え頂けたら有り難いです。

    天草とほど近い同じ熊本県内で今年の秋に小さい小学校の分校同窓会を企画しています。
    こちらの記事を読ませて頂き、その折の記念樹として植えてみようかと思いつきました。
    うまく育って、実を付けて、それがずっと成り続けて同窓生の子や孫たちが木の下に集ってくれたらどんなに素敵だろうと思ったりしています。
    コメントいただけたら幸いです。ご多忙の中、お邪魔いたしました。

    • ksjtanaka on 7 5月, 2015 at 00:11 said:

      ひで様

      返事が遅くなり大変申し訳ありません。書き込み、読んでいただいてうれしいです。

      とりいそぎ、私のわかっている範囲で回答しますね。
      家内の実家にあったのは1本でした。樹齢などはよくわからないので家内に詳しくきいてから回答します。
      記念樹として植えるっていうのは素敵ですね。

      また改めて連絡いたします。

  2. ひで on 7 5月, 2015 at 22:16 said:

    ありがとうございます!
    時々お邪魔しに参りますので、お時間の出来ましたときによろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation